地域で行う防犯対策|鍵トラブルに巻き込まれたら業者に依頼する|あなたの生活を守る為に
家と錠前

鍵トラブルに巻き込まれたら業者に依頼する|あなたの生活を守る為に

地域で行う防犯対策

防犯カメラ

カメラが犯罪を防ぎます

防犯対策として監視カメラが日本中で使用されるようになりました。犯罪者の使用した自動車のナンバーを監視カメラで追跡していくこともテレビの中だけの話ではありません。日本国内のあらゆるところに監視カメラが設置されていますので、それらのカメラの情報を利用することによって、特定の人物の移動をチェックすることができるのです。それぞれの監視カメラが設置されている目的は様々ですので、どんな理由でも撮影された映像をチェックできるわけではありませんが、犯罪を防止する効果だけでなく、犯罪者を捕まえるための手段としても役に立っています。町内会の治安を守ったり、小学生の通学路の安全を確保するためにも監視カメラは活用されています。

補助金がもらえます

行政目的でカメラを設置する場合には、税金が利用されますが、町内会や商店街などの団体がカメラを設置する場合には、自分たちでお金を出さなければなりません。設置のための費用だけでなく、維持管理費用やメンテナンス費用も必要になるため、簡単に設置することはできません。できるだけ費用を抑えるためには、行政が行っている補助制度の活用も重要です。行政としても監視カメラによる犯罪の抑止効果はみとめていますので、地域からの要望であれば、一定程度の補助金を出してくれます。地域一丸となって要望することが必要になりますが、監視カメラの設置はプライバシーの権利との兼ね合いもありますので、行政からみとめてもらって設置する方が問題が生じません。